JR伯備線新幹線化・フリーゲージトレイン導入促進三県議会議員協議会

会長

副会長

幹事長

事務局長

活動について

 昭和48年の新幹線の全国路線基本計画に山陰線、伯備線は実施路線に入らなかったが、その中で福島駅から山形駅にはミニ新幹線が平成2年に開通し、せめて伯備線にもミニ新幹線が開通できるための運動体として、平成4年に岡山―鳥取(米子)―島根(出雲)の三県議会議員で「伯備線ミニ新幹線促進協議会」を結成しました。

 その後、フリーゲージトレイン導入促進協議会として毎年、国土交通省、JR西日本、国会議員に促進運動の要請と、フリーゲージトレインの安全・安心確保のための改良や、実験費等の要望運動を続けてきました。今後とも、国土交通省が作ったA―E型車の改良と実用化試験の現物を見学し、伯備線導入の予算化の検討を行う等努力を続けていきます。