看護問題議員連盟

会長

副会長

幹事長

事務局長

活動について

 本県では、高齢化が全国に先駆けて進行するとともに、中山間地域を多く抱え医療提供体制が必ずしも十分でないことから、医療提供体制の確保・充実が県政の最大課題の一つとなっています。


 中でも、保健指導や各種相談に対応するとともに、医療と生活の両面から患者の状態を把握し、必要なケアを提供する看護職の充実は、極めて重要であります。


 こうしたことから、今後とも、看護職の量的・質的両面にわたる充実を図っていかなければなりません。

 特に、2025年を目途とした「地域包括ケアシステム」の構築のためには、訪問看護を含めた看護体制の一層の整備を推進していく必要があります。


 このため、看護問題議員連盟では、看護人材の確保、看護職員の質の向上、看護職員が働きやすい職場環境の整備など看護職を取り巻く様々な課題について調査・研究・提言を行い、その充実を図ってまいります。